コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

膨圧運動 ボウアツウンドウ

大辞林 第三版の解説

ぼうあつうんどう【膨圧運動】

細胞の膨圧の変化に基づく植物の運動。気孔の開閉、葉枕の運動、ハエジゴクなどの捕虫葉の運動などがこの例。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の膨圧運動の言及

【運動】より

…したがって,植物の発生過程で見られる形態形成運動は細胞の分裂能や細胞伸長の方向性によって左右されている。外部からの刺激に呼応して起こる植物器官の屈曲運動(成長運動と膨圧運動に大別される。詳しくは〈屈性〉〈傾性〉の項目を参照)もまた細胞の分裂能や伸長性によっても説明することができる。…

【傾性】より

…これらはすべて刺激の強度変化に応じておこる敏感な運動であることが特徴で,環境変化への一つの適応現象とみなされている。屈曲運動は生長運動growth movementと膨圧運動turgor movementに大別され,前者は植物器官の相対する両側での生長速度の差によって,後者は特定の細胞の膨圧変化による細胞の変形もしくは容積変化によっておこる。生長運動や膨圧運動は,光や温度の変化に即応しておこる場合もあるが,多くの植物では外部の日周リズムに応じておこる。…

※「膨圧運動」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

膨圧運動の関連キーワード傾光性捕虫葉触覚傾性

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android