臘八粥(読み)ロウハチガユ

  • ×臘八×粥
  • ろうはちがゆ ラフハチ‥
  • ろうはちがゆ〔ラフハチ〕
  • 臘八粥 là bā zhōu

世界大百科事典 第2版の解説

中国で旧暦12月を臘月とよぶが,その8日を釈迦成道の日(臘八会)とし,これにちなんで作る。〈仏粥〉〈七宝五味粥〉,北京では〈八宝粥〉ともいう。米・雑穀豆類のほかナツメ・ハスなど各種の果実をまぜ,砂糖で甘味をつけて煮る。諸仏祖先に供えるほか,家族が食べ,またその他の食品を添えて親戚知人に贈る。もと僧尼が作って檀家に贈ったことから始まった。肉類を加えないのは寺方での精進料理だったからである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 温糟粥(うんぞうがゆ)のこと。臘八の日、禅家でこれを食するところからいう。ろうはつじゅく。《季・冬》
※俳諧・俳諧歳時記栞草(1851)冬「本朝にて臘八粥(ラフハチカユ)を温糟粥と名く」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の臘八粥の言及

【小豆粥】より

…七種粥は,小豆粥の特殊なものと思われる。中国の12月8日の臘八粥も,米のほか数種類の穀物や木の実を入れるが,やはりアズキを用い,赤く色を着けて煮つめた粥で,七種粥に近い。中国の六朝時代の《荆楚歳時記》にも,1月15日に豆粥を作ったとあり,小豆粥には,中国の影響があると思われる。…

【粥】より

…太郎冠者がごちそうになった食べ物の名を忘れ,主人が石橋山合戦の物語を誦して思い出させるという狂言《文蔵》の素材にもなっているもので,室町期にはかなり身近な料理だったようである。《尺素往来(せきそおうらい)》が〈紅糟者臘八之仏供〉としているように,釈尊成道の日とされる12月8日の臘八会(ろうはちえ)の供物ともされたため,臘八粥とも呼ばれる。みそと酒かすを入れて煮た粥であろうと,伊勢貞丈は書いている。…

【成道会】より

…臘八とは臘月(12月)8日の意。この日臘八粥といって粥に昆布,串柿,菜などを入れたものを食べる。これを五味粥ともいう。…

※「臘八粥」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

臘八粥の関連情報