コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

温糟粥/紅糟粥 ウンゾウガユ

3件 の用語解説(温糟粥/紅糟粥の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うんぞう‐がゆ〔ウンザウ‐〕【××粥/××粥】

12月8日の夜、禅寺で作るかゆ。初め味噌と酒かすを入れて煮たが、のちには昆布・串柿(くしがき)・大豆粉などを入れるようになったという。臘八粥(ろうはちがゆ)。温糟。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

うんぞうがゆ【温糟粥】

12月8日の臘八会(ろうはちえ)に禅宗の寺などで食べるかゆ。◇「臘八がゆ」ともいう。

出典|講談社
和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

うんぞうがゆ【温糟粥】

禅寺で12月8日朝に煮る粥。酒粕かすと味噌を加えた粥とも、昆布・串柿・大豆の粉などを入れた粥ともいい、なお異説もある。蠟八ろうはち粥。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の温糟粥/紅糟粥の言及

【粥】より

…尾花粥は古く諏訪大社の御射山(みさやま)の神事に始まるといい,ススキを黒焼きにして粥に混ぜたものだったが,後には黒ゴマを代用するようにもなった。紅糟粥は温糟粥とも書く。太郎冠者がごちそうになった食べ物の名を忘れ,主人が石橋山合戦の物語を誦して思い出させるという狂言《文蔵》の素材にもなっているもので,室町期にはかなり身近な料理だったようである。…

※「温糟粥/紅糟粥」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone