臘八(読み)ろうはち

  • ×臘八
  • ろうはち ラフ‥
  • ろうはち〔ラフ〕
  • ろうはつ ラフ‥

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

臘月 (12月) 8日ので,釈尊成道の日。この日を記念して行われる法会成道会 (じょうどうえ) という。特に禅宗では 12月1日からその日まで臘八接心と称する坐禅会を行う。また8日の夜に食するかゆを臘八粥という。これは釈尊が成道する直前に,スジャーターという長者の娘から乳糜 (かゆに牛乳を加えたもの) を供養されて,体力を回復したことにちなんだものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

「ろうはつ」ともいう。臘月八日、つまり12月8日のことで、釈迦(しゃか)が苦行を放棄し、菩提樹(ぼだいじゅ)下で禅定(ぜんじょう)に入って悟りを開いた成道(じょうどう)の日をさす。寺院では、この日、成道を奉讃する成道会(じょうどうえ)を修する。とくに禅宗では臘八会と称し釈尊が坐禅(ざぜん)によって成仏(じょうぶつ)得道した故事に倣って、12月1日から8日の朝まで、昼夜を分かたず坐禅修行し、その恩徳に報いる臘八摂心(せっしん)(精神を集中して統一すること)を行う。住持が法堂(はっとう)に上って成道を祝い、それにちなんで修行僧のために法を説くことを臘八上堂という。

[中尾良信]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 陰暦一二月八日の称。釈尊成道の日として、臘八会を行なう。禅家では一日からこの日の朝まで臘八接心と称する坐禅を行なう。ろうはつ。《季・冬》
[補注]江戸時代前期までは「ろうはつ」であったと考えられる。
※永平道元禅師清規(13C中)知事清規「開炉。閉炉。臘八。二月半」
※日本歳時記(1688)七「八日 もろこしにて臘八(ラフハツ)と云」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

臘八の関連情報