コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自動書記 じどうしょきautomatic writing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自動書記
じどうしょき
automatic writing

霊媒や巫女 (みこ) などがものにつかれた状態で無意識的に有意味な文字 (絵のこともある) を書くこと。一般人でも催眠下で行うことがある。 (→催眠 , 心霊現象 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の自動書記の言及

【自動記述】より

…道徳上,美学上のあらゆる先入主を捨て,しかもあらかじめ何を書くかをいっさい考えずに,できるだけ速く,自動的に,文章を書き進めてゆく行為を言う。精神病理学の診察法にこれと似たもの(自動書記)があり,もと精神科の医学生だったブルトンがその方法を参考にしたことは確かだが,しかし,書くという行為そのものを問い直す文学的意図を伴っていた点で,後者とは異なる。半睡時の自動的な発語現象の観察からこの方法を発案したブルトンは,友人のスーポーとともに実験をつづけたが,その際,書く速度を意識的に速める試みを繰り返したという。…

※「自動書記」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

自動書記の関連キーワードコルビエールヴィジャ盤人格の分離自動記述交霊会分離霊媒失書

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android