コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自受法楽 ジジュホウラク

デジタル大辞泉の解説

じじゅ‐ほうらく〔‐ホフラク〕【自受法楽】

仏語。仏が、自ら悟りの内容を深く味わい楽しむこと。転じて、法悦にひたること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じじゅほうらく【自受法楽】

〘仏〙 仏が、その悟りの境地を自ら楽しむこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自受法楽
じじゅほうらく

自受用」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

自受法楽の関連キーワード仏語境地

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android