自受法楽(読み)じじゅほうらく

デジタル大辞泉の解説

じじゅ‐ほうらく〔‐ホフラク〕【自受法楽】

仏語。仏が、自ら悟りの内容を深く味わい楽しむこと。転じて、法悦にひたること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じじゅほうらく【自受法楽】

〘仏〙 仏が、その悟りの境地を自ら楽しむこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じじゅ‐ほうらく ‥ホフラク【自受法楽】

〘名〙 (自(みずか)ら法楽を受ける意) 仏語。仏が、その悟った境界・法の内容をみずからあじわい楽しむこと。転じて、法悦の境にひたり、あじわうこと。
※秘蔵宝鑰(830頃)中「第四〈略〉密教者自性法身大毗盧遮那如来与自眷属自受法楽故所説法是也」
※太平記(14C後)一二「伊勢太神宮に参て〈略〉潜(ひそか)に自受法楽(ジジュホウラク)の法施(ほっせ)をぞ奉られける」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android