コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法施 ホウセ

デジタル大辞泉の解説

ほう‐せ〔ホフ‐〕【法施】

仏語。
三施の一。人に仏法を説いて聞かせること。ほっせ。
仏などに向かってを読み、法文を唱えること。ほっせ。

ほっ‐せ【法施】

ほうせ(法施)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ほうせ【法施】

〘仏〙
三施の一。経を読んだり、教えを説いたりして、仏法を与えること。
神仏に対して、経を読み法文を唱えること。ほっせ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の法施の言及

【布施】より

…今日,葬式のあとで粗供養を出し,銭まきをするなどはこれで,僧侶だけに与えるのを布施というのはその変化である。これに対して,僧侶が経を読み説経するのを法施という。【五来 重】。…

※「法施」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

法施の関連キーワードジャマー・アンシャルット・タウヒッド佐藤尚中(さとうしょうちゅう)リスク細分型自動車保険ラシュカレ・イスラム葬送儀礼のことば学校評議員制度住宅の耐震化率ポツダム政令機関委任事務特定目的鉄道指定伝染病食肉検査員有限会社国立大学株式配当経過規定簡易無線土曜補習新律綱領近海区域

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

法施の関連情報