コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自然的分業 しぜんてきぶんぎょうnatural division of labour

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自然的分業
しぜんてきぶんぎょう
natural division of labour

原始共同体の一家族,または一集団の内部で性別および年齢別という純粋に生理学的な基礎によって,労働の種類に自然発生的に役割区分が生じること。たとえば狩猟採集民では,男性は狩猟に,女性は根茎類や小動物の採集に主としてあたる。また,焼畑農耕を行なう社会では,樹木の伐採火入れなどの作業は男性が行ない,収穫は主として女性が行なうなどの分業がみられる。アフリカ年齢組体系に伴う役割分担,青年団,子供組などの習俗は,年齢に基づく分業と考えられる(→年齢階梯制)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

自然的分業の関連キーワード原始共同体

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android