コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自由ドイツ労働総同盟 じゆうドイツろうどうそうどうめい

百科事典マイペディアの解説

自由ドイツ労働総同盟【じゆうドイツろうどうそうどうめい】

旧東独の労働組合の中央組織。Freier Deutscher Gewerkschaftsbundといい,略称FDGB。1945年創立。反ファシズム,社会保障制度確立,労働者の利益擁護などに力点をおき,国の生産計画などにも大きな発言権を持った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

自由ドイツ労働総同盟
じゆうどいつろうどうそうどうめい
Freier Deutscher Gewerkschaftsbundドイツ語

略称FDGB(エフデーゲーベー)。旧ドイツ民主共和国(東ドイツ)の唯一の労働組合中央組織。ドイツ・ファシズムの崩壊ののち、ソ連占領地区で再建された労働組合運動を母体に、1946年2月の全国代表者会議で設立された。労働者、職員、技術者などを組織する16の産業別組合の連合体。国会にも52議席の割当てをもち、国の経済計画、労働政策、社会政策はもとより、国政と社会生活の全般に大きな発言力を有した。約900万人(1982)を組織した。世界労働組合連盟(WFTU)に加盟し、機関紙『Tribne』(日刊)を発行していた。[五十嵐仁]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

自由ドイツ労働総同盟の関連キーワードドイツ民主共和国

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android