コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自転車道 じてんしゃどう

2件 の用語解説(自転車道の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自転車道
じてんしゃどう

自転車のみを通行させるために独立して設けられる道路,または道路上に設けられた自転車のための専用レーンをいう。前者は,主としてサイクリングなどのレクリエーション活動に寄与することを目的としている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

自転車道
じてんしゃどう

自転車の通行を主目的に設けられた道路の総称。広義には、1970年(昭和45)に制定された「自転車道の整備等に関する法律」で、「もつぱら自転車の通行の用に供することを目的とする道路又は道路の部分」(第2条3項1号)および「自転車及び歩行者の共通の通行の用に供することを目的とする道路又は道路の部分」(第2条3項2号)とされており、自動車の通行する道路とは構造上分離されている(歩行者と共有している場合もある)道路をさす。
 狭義には、道路構造令と道路交通法に定められた「自転車道」をさす。これは、車道だけでなく歩行者のための歩道からも工作物で分離されたもので、道路交通法により自転車以外の通行は認められていない。
 とくに自転車だけが走れるよう独立した自転車専用道路は、一般には「サイクリングロード」とよばれ、おもにスポーツやレクリエーションを目的とした自転車の利用を想定してつくられている。上記のほかに、休日の一定時間を区切るなどして一般道路を自転車専用のサイクリング道路とすることもある。ただし、日本のサイクリング道路では、ほとんどが歩行者も通行できる「自転車歩行者専用道路」となっている。[佐滝剛弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

自転車道の関連情報