臭化ストロンチウム(読み)シュウカストロンチウム

化学辞典 第2版「臭化ストロンチウム」の解説

臭化ストロンチウム
シュウカストロンチウム
strontium bromide

SrBr2(247.43).炭酸ストロンチウム臭化水素酸に溶かし,濃縮すると六水和物が得られる.六水和物は無色の六方晶系針状結晶.吸湿性があり,水に易溶.密度2.39 g cm-3.88.2 ℃ で融解して二水和物となり,さらに高温で一水和物となる.無水物は炭酸ストロンチウムと臭化アンモニウムとを熱して得られる.無色の六方晶系針状結晶.密度4.22 g cm-3.融点657 ℃.融点以上に熱すると分解する.吸湿性があり,水に易溶.医薬品(鎮静剤抗てんかん剤),分析試薬などに用いられる.[CAS 10476-81-0:SrBr2][CAS 7789-53-9:SrBr2・6H2O]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android