コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臭化ブチルスコポラミン しゅうかブチルスコポラミン scopolamine butylbromide

2件 の用語解説(臭化ブチルスコポラミンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

臭化ブチルスコポラミン
しゅうかブチルスコポラミン
scopolamine butylbromide

副交感神経に作用して,コリン作動性神経を遮断し,胃のぜん動,分泌を抑制する作用をもつ。胃腸,子宮などの平滑筋の緊張をとめる。天然アルカロイドのほか,多数の合成薬剤が開発されている。胃,十二指腸潰瘍の治療に用いられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

臭化ブチルスコポラミン

薬に含まれる成分のひとつ。内蔵の痙攣を抑える作用や胃酸を抑える作用がある。「ブスコパン」ともいう。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

臭化ブチルスコポラミンの関連キーワードアドレナリン作動性神経交感神経興奮剤コリン作動性コリン作動性神経コリン作動性線(繊)維コリン作動薬副交感神経系副交感神経遮断薬ムスカリン-コリン作動性受容体コリン作動性神経 (cholinergic nerve)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone