コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臭化ブチルスコポラミン しゅうかブチルスコポラミンscopolamine butylbromide

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

臭化ブチルスコポラミン
しゅうかブチルスコポラミン
scopolamine butylbromide

副交感神経に作用して,コリン作動性神経を遮断し,胃のぜん動分泌を抑制する作用をもつ。胃腸,子宮などの平滑筋の緊張をとめる。天然アルカロイドのほか,多数の合成薬剤が開発されている。胃,十二指腸潰瘍の治療に用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

臭化ブチルスコポラミン

薬に含まれる成分のひとつ。内蔵の痙攣を抑える作用や胃酸を抑える作用がある。「ブスコパン」ともいう。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

臭化ブチルスコポラミンの関連キーワード副交感神経遮断薬ダンピング症候群副交感神経自律神経剤鎮けい薬

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android