コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塩素水 エンソスイ

3件 の用語解説(塩素水の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

えんそ‐すい【塩素水】

塩素水溶液。黄緑色をし、酸化作用が強く、漂白剤・殺菌剤として使用。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

塩素水
えんそすい
chlorine water

塩素を水に通して得られる水溶液。常温では、水100グラムに約1グラム、容積で水1容に約2.2容の塩素が溶ける。塩素の臭気をもち、酸性を示し、漂白作用がある。これは、塩素が塩素分子Cl2として存在するほか、一部が水と反応し塩酸と次亜塩素酸を生じているためである。
 次亜塩素酸は不安定で、分解して塩酸と酸素になる。このため酸化作用が強く、インジゴ、リトマスなどの色素を脱色し、微生物を殺す。塩素水は分析試薬、殺菌に用いられるが、光により分解が促進されるから、着色瓶に入れて暗所に保存する必要がある。[守永健一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の塩素水の言及

【塩素】より


[性質]
 刺激臭のある黄緑色の有毒気体で,通常二原子分子Cl2から成る。水溶液は塩素水という(後述)。アルカリ水溶液には溶けて,Cl+ClOとなる。…

※「塩素水」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

塩素水の関連情報