コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

次亜臭素酸 じあしゅうそさんhypobromous acid

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

次亜臭素酸
じあしゅうそさん
hypobromous acid

化学式 HBrO 。不安定な化合物で,水溶液としてだけ存在し,純粋に得ることはできない。溶液は黄色で,特有の臭気をもつ。分解すると臭素酸,酸素および臭素を発生する。強い酸化作用がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じあしゅうそさん【次亜臭素酸 hypobromous acid】

化学式HBrO。水溶液としてのみ存在しうる弱酸で,生成する最高濃度は0.3mol/l程度。黄色で特有の臭気がある。臭素水中にも微量に存在する。 Br2+H2O⇄HBrO+HBr硝酸銀水溶液に臭素水を滴下し,生ずる臭化銀をろ過し,窒素を通じて過剰の臭素を除去したのち,低温で減圧蒸溜すると得られる。つねに少量の臭素酸HBrO3を含んでおり,純粋な次亜臭素酸溶液は得られない。沸点は50mmHgで40℃,11~12mmHgで20~25℃。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

次亜臭素酸
じあしゅうそさん
hypobromous acid

臭素のオキソ酸の一つ。水溶液としてのみ存在する。きわめて弱い一塩基酸。化学式HBrO、式量96.9。臭素の加水分解生成物として、臭素水溶液中に次の平衡を保って微量に存在する。25℃の飽和臭素水中の濃度は0.00192mol/L。黄色特異臭のある溶液。
  Br2+H2OHBrO+HBr
加水分解の程度は塩素の場合よりもずっと小さいが、銀イオンがあると完全に進む。硝酸銀水溶液と臭素水の反応溶液を減圧蒸留して得られる。アルカリ性溶液で次亜臭素酸塩は0℃付近でのみ安定で、高温で臭化物と臭素酸塩に不均化する。強い酸化剤。[守永健一・中原勝儼]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

次亜臭素酸の関連キーワードホーフマン反応スクシンイミドアゾトメトリーブロモホルム坂口反応ホフマン臭化銀

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android