コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臼井興胤 うすい おきたね

1件 の用語解説(臼井興胤の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

臼井興胤 うすい-おきたね

1312-1364 南北朝時代の武将。
正和(しょうわ)元年生まれ。下総(しもうさ)印旛(いんば)郡(千葉県)臼井城主臼井祐胤の子。父の死後,叔父の胤氏に殺されそうになり,鎌倉建長寺で成長。足利尊氏にしたがい戦功をたて,暦応(りゃくおう)元=延元3年臼井城をあたえられる。2年後胤氏をほろぼした。貞治(じょうじ)3=正平(しょうへい)19年4月14日死去。53歳。幼名は竹若。初名は行胤。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

臼井興胤の関連キーワード阿蘇惟政斯波兼頼武田氏信多治部師景友重(初代)南部政行船田経政松浦定結城朝常由良光氏

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

臼井興胤の関連情報