臼玉(読み)うすだま

大辞林 第三版の解説

うすだま【臼玉】

古墳時代の玉の一。径5ミリメートル 前後、厚さ2~3ミリメートルの円盤の中央に穴をうがったもの。滑石製が多い。祭祀さいしに用いたらしい。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

臼玉
うすだま

古墳時代の玉の一種。竹管を短く輪切りにしたような形で、直径5ミリメートル、厚さ2~3ミリメートル程度で、厚さより径が大きい。外側は直をなすが、なかには膨らみをもつものもあり、上下両面に凹凸があるなど、粗製品が多い。碧玉(へきぎょく)岩やガラス製で装身用とみられるものもまれにあるが、一般に滑石(かっせき)製で祭祀(さいし)用として一括し大量に出土する例が多い。なお、石器時代には丸玉の粗製品のうちに臼玉形をしたものがある。[村井雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

うす‐だま【臼玉】

〘名〙 石器時代以降見られる小さい臼形の飾り玉。古墳時代には祭祀(さいし)に用いられた。滑石、蝋(ろう)石製。実用品ではなく、石製模造品の一種と考えられる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の臼玉の言及

【玉】より

…このほかに,小型の丸玉または算盤玉を小玉(こだま)と総称することが多い。江戸期の学者は,低い円壔(えんとう)形の滑石製の玉に臼玉(うすだま)の名をつけたが,滑石製小玉と呼べばよい。奈良時代に刺玉(さすだま)と呼んだものは,緒に刺し通す意味で,形からいえば丸玉あるいは小玉の類である。…

※「臼玉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

高橋留美子

[1957~ ]漫画家。新潟の生まれ。少年及び青年向けの漫画を描く女流の第一人者。コメディータッチのSFやスラップスティック、現代の若者の恋愛など多様なジャンルを描き、絶大な人気を得る。代表作「うる星...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android