コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臼玉 うすだま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

臼玉
うすだま

細い管を輪切りにした形の玉。古墳時代の遺物に多くみられ,滑石製が多い。祭祀遺物に含められ,石製模造品の一種と考えられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

うす‐だま【臼玉】

古墳時代の祭祀(さいし)用の玉。まれに装身用とみられるものもある。厚さ2~3ミリ、径5ミリ前後。形が茶臼に似ていることからの命名

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うすだま【臼玉】

古墳時代の玉の一。径5ミリメートル 前後、厚さ2~3ミリメートルの円盤の中央に穴をうがったもの。滑石製が多い。祭祀さいしに用いたらしい。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

臼玉
うすだま

古墳時代の玉の一種。竹管を短く輪切りにしたような形で、直径5ミリメートル、厚さ2~3ミリメートル程度で、厚さより径が大きい。外側は直をなすが、なかには膨らみをもつものもあり、上下両面に凹凸があるなど、粗製品が多い。碧玉(へきぎょく)岩やガラス製で装身用とみられるものもまれにあるが、一般に滑石(かっせき)製で祭祀(さいし)用として一括し大量に出土する例が多い。なお、石器時代には丸玉の粗製品のうちに臼玉形をしたものがある。[村井雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の臼玉の言及

【玉】より

…このほかに,小型の丸玉または算盤玉を小玉(こだま)と総称することが多い。江戸期の学者は,低い円壔(えんとう)形の滑石製の玉に臼玉(うすだま)の名をつけたが,滑石製小玉と呼べばよい。奈良時代に刺玉(さすだま)と呼んだものは,緒に刺し通す意味で,形からいえば丸玉あるいは小玉の類である。…

※「臼玉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

臼玉の関連キーワード三輪山ノ神遺跡昼飯大塚古墳久津川古墳群津堂城山古墳百舌鳥古墳群島の山古墳神坂峠遺跡王山古墳群玉と玉作り塚廻古墳玉作遺跡円盤飾玉埴輪

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

臼玉の関連情報