コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臼玉 うすだま

4件 の用語解説(臼玉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

臼玉
うすだま

細い管を輪切りにした形の玉。古墳時代の遺物に多くみられ,滑石製が多い。祭祀遺物に含められ,石製模造品の一種と考えられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

うす‐だま【臼玉】

古墳時代の祭祀(さいし)用の玉。まれに装身用とみられるものもある。厚さ2~3ミリ、径5ミリ前後。形が茶臼に似ていることからの命名。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

うすだま【臼玉】

古墳時代の玉の一。径5ミリメートル 前後、厚さ2~3ミリメートルの円盤の中央に穴をうがったもの。滑石製が多い。祭祀さいしに用いたらしい。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

臼玉
うすだま

古墳時代の玉の一種。竹管を短く輪切りにしたような形で、直径5ミリメートル、厚さ2~3ミリメートル程度で、厚さより径が大きい。外側は直をなすが、なかには膨らみをもつものもあり、上下両面に凹凸があるなど、粗製品が多い。碧玉(へきぎょく)岩やガラス製で装身用とみられるものもまれにあるが、一般に滑石(かっせき)製で祭祀(さいし)用として一括し大量に出土する例が多い。なお、石器時代には丸玉の粗製品のうちに臼玉形をしたものがある。[村井雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の臼玉の言及

【玉】より

…このほかに,小型の丸玉または算盤玉を小玉(こだま)と総称することが多い。江戸期の学者は,低い円壔(えんとう)形の滑石製の玉に臼玉(うすだま)の名をつけたが,滑石製小玉と呼べばよい。奈良時代に刺玉(さすだま)と呼んだものは,緒に刺し通す意味で,形からいえば丸玉あるいは小玉の類である。…

※「臼玉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

臼玉の関連キーワード古墳時代応神陵古墳と履中陵古墳宮城県加美郡加美町米泉宮城県柴田郡村田町関場京都府与謝郡与謝野町加悦奈良県天理市櫟本町奈良県天理市中山町山口県宇部市東岐波福岡県うきは市浮羽町朝田熊本県玉名市玉名

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

臼玉の関連情報