茶臼(読み)チャウス

世界大百科事典 第2版の解説

ちゃうす【茶臼】

茶磨とも書く。抹茶をつくるのに用いる石製の挽(ひ)き。穀物などを挽く石臼に比べて非常に精巧に作られており,石材も美しい輝緑岩や砂岩など特別に吟味され,また挽き手を打ちこむ箇所には装飾が施されていることが多い。 中国で北宋ころ発達したが,日本へは鎌倉時代南宋へ渡った禅僧たちによって,茶の湯とともに伝えられたと考えられている。中国では明代に入るころ,抹茶は廃れていったが,日本ではその後の約300年間に,禅僧を主とする上流階級の間に普及し,茶臼も国産されるようになった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ちゃうす【茶臼】

碾茶てんちやをひいて抹茶にするためのひき臼。古来、山城国宇治朝日山の石製を良とする。穀物用より小ぶりで、丈が比較的高い。
上下逆にすること。また、上下逆になること。特に、男女交合の体位で女性が上になること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

茶臼の関連情報