コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

興雲 こううん

1件 の用語解説(興雲の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

興雲 こううん

?-1820 江戸時代後期の僧。
浄土宗。越後(えちご)(新潟県)の人。幼いときに出家したが,豪放な性格から寺務になじまず,全国を放浪。京都知恩院で書の才能をみいだされ,のち越後新潟善導寺の住職となった。同寺境内に「興雲和尚筆塚」が現存。書家の巻菱湖(まき-りょうこ)は弟子。文政3年2月14日死去。俗姓は林。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

興雲の関連キーワード西山鑑智国師万霊光誉慧厳顕道巨東大臻智典卜阿鸞宿了碩

興雲の関連情報