コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

興雲 こううん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

興雲 こううん

?-1820 江戸時代後期の僧。
浄土宗。越後(えちご)(新潟県)の人。幼いときに出家したが,豪放な性格から寺務になじまず,全国を放浪。京都知恩院で書の才能をみいだされ,のち越後新潟善導寺の住職となった。同寺境内に「興雲和尚筆塚」が現存書家巻菱湖(まき-りょうこ)は弟子。文政3年2月14日死去。俗姓は林。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

興雲の関連キーワード栃木県日光市萩垣面松江郷土館悦堂宗懌浄土宗智幽義静光謙

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android