コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

舌出し三番 シタダシサンバ

大辞林 第三版の解説

しただしさんば【舌出し三番】

歌舞伎舞踊の一。長唄・清元。本名題「再春菘種蒔またくるはるすずなのたねまき」。二世桜田治助作詞。1812年江戸中村座初演。志賀山流の三番叟で復活した軽妙な踊り。舌出し三番叟。志賀山三番。種蒔三番。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

舌出し三番
しただしさんば

歌舞伎(かぶき)舞踊。長唄(ながうた)・清元(きよもと)。本名題(ほんなだい)『再春菘種蒔(またくるはるすずなのたねまき)』。別に通称は「種蒔三番叟(たねまきさんばそう)」「志賀山(しがやま)三番叟」など。2世桜田治助作詞、伊藤東三郎・2世杵屋(きねや)正次郎作曲、初世藤間勘十郎振付け。1812年(文化9)9月、江戸・中村座で3世中村歌右衛門(うたえもん)が初演。初世中村仲蔵が1786年(天明6)に踊った『寿世嗣三番(ことぶきよつぎさんば)』を復活したもので、曲中、三番叟が大きく口をあけて舌を出す型があるところから通称が生まれた。初演は清元・長唄掛合いで、翁(おきな)も出たが、現在はそれぞれ独立して演奏され、三番叟と千歳(せんざい)の2人だけの踊りで、舟唄で船に揺られる振(ふり)や、婚礼の箇所で嫁入り道具を整える振などが見どころ。「仲蔵振」といわれる独特の型を伝え、のどかで洒脱(しゃだつ)な名曲である。[松井俊諭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

舌出し三番の関連キーワード桜田治助(2代)種蒔三番叟志賀山流三番叟物子徳人角兵衛

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android