コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

舌出し三番 シタダシサンバ

3件 の用語解説(舌出し三番の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しただしさんば【舌出し三番】

歌舞伎舞踊清元長唄掛合(かけあい)。本名題「再春菘種蒔(またくるはるすずなのたねまき)」。2世桜田治助作詞、伊藤東三郎・2世杵屋正次郎作曲。文化9年(1812)江戸中村座で3世中村歌右衛門が初演。舌出し三番叟(さんばそう)。志賀山三番。種蒔三番

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しただしさんば【舌出し三番】

歌舞伎舞踊の一。長唄・清元。本名題「再春菘種蒔またくるはるすずなのたねまき」。二世桜田治助作詞。1812年江戸中村座初演。志賀山流の三番叟で復活した軽妙な踊り。舌出し三番叟。志賀山三番。種蒔三番。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

舌出し三番
しただしさんば

歌舞伎(かぶき)舞踊。長唄(ながうた)・清元(きよもと)。本名題(ほんなだい)『再春菘種蒔(またくるはるすずなのたねまき)』。別に通称は「種蒔三番叟(たねまきさんばそう)」「志賀山(しがやま)三番叟」など。2世桜田治助作詞、伊藤東三郎・2世杵屋(きねや)正次郎作曲、初世藤間勘十郎振付け。1812年(文化9)9月、江戸・中村座で3世中村歌右衛門(うたえもん)が初演。初世中村仲蔵が1786年(天明6)に踊った『寿世嗣三番(ことぶきよつぎさんば)』を復活したもので、曲中、三番叟が大きく口をあけて舌を出す型があるところから通称が生まれた。初演は清元・長唄掛合いで、翁(おきな)も出たが、現在はそれぞれ独立して演奏され、三番叟と千歳(せんざい)の2人だけの踊りで、舟唄で船に揺られる振(ふり)や、婚礼の箇所で嫁入り道具を整える振などが見どころ。「仲蔵振」といわれる独特の型を伝え、のどかで洒脱(しゃだつ)な名曲である。[松井俊諭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

舌出し三番の関連キーワード掛合角兵衛歌舞伎狂言うかれ坊主掛合い掛合い話掛合い万歳掛合す掛合せ六歌仙容彩

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone