コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

掛(け)合い/懸(け)合い カケアイ

1件 の用語解説(掛(け)合い/懸(け)合いの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かけ‐あい〔‐あひ〕【掛(け)合い/懸(け)合い】

互いに掛けること。「技の―」「水の―」
要求などについて先方と話し合うこと。交渉。談判。「地主に―に行く」
一つの事を二人以上が交互にすること。また、その演芸。掛け合い話掛け合い万歳の類。「―で歌う」
歌舞伎舞踊で、2種以上の異なった流派が伴奏音楽を交互に、あるいは同時に分担演奏すること。「喜撰(きせん)」での清元長唄の掛け合いなど。
義太夫節で、二人以上の太夫登場人物それぞれ分担して語ること。
双方が正面から攻め合うこと。
「平家は定めて大勢なれば、砥浪山(となみやま)打越え、ひろみへ出て―の戦にてぞあらんずらん」〈平家・七〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone