コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

掛(け)合い/懸(け)合い カケアイ

1件 の用語解説(掛(け)合い/懸(け)合いの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かけ‐あい〔‐あひ〕【掛(け)合い/懸(け)合い】

互いに掛けること。「技の―」「水の―」
要求などについて先方と話し合うこと。交渉。談判。「地主に―に行く」
一つの事を二人以上が交互にすること。また、その演芸。掛け合い話掛け合い万歳の類。「―で歌う」
歌舞伎舞踊で、2種以上の異なった流派が伴奏音楽を交互に、あるいは同時に分担演奏すること。「喜撰(きせん)」での清元長唄の掛け合いなど。
義太夫節で、二人以上の太夫登場人物それぞれ分担して語ること。
双方が正面から攻め合うこと。
「平家は定めて大勢なれば、砥浪山(となみやま)打越え、ひろみへ出て―の戦にてぞあらんずらん」〈平家・七〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

掛(け)合い/懸(け)合いの関連キーワード御目に掛ける手に掛かる手に掛ける秤に掛ける鼻に掛ける篩に掛ける股に掛ける目に掛ける馬蹄に掛ける罠に掛ける

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone