コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

舌切り雀 シタキリスズメ

デジタル大辞泉の解説

したきり‐すずめ【舌切り×雀】

日本の昔話原型宇治拾遺物語に「腰折れ」の話がみえる。心やさしい爺(じじ)のかわいがっていた雀が糊(のり)をなめたので、意地悪な(ばば)は怒ってその舌を切って追い出す。爺は雀の宿をたずねて、土産に軽い葛籠(つづら)をもらって帰ると、中には宝物がつまっていた。これを見た婆は欲張って重い葛籠をもらって帰るが、それには蛇や毒虫などが入っていたという話。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

したきりすずめ【舌切り雀】

昔話の一。動物報恩譚。雀に糊のりをなめられた老婆が怒って、雀の舌を切って追い出す。心配した老爺が雀の宿を訪問して歓待され、宝の入った軽いつづらをもらって帰る。うらやんだ老婆が行って重いつづらをもらうが、開けてみると中から蛇・化け物などが出るというのが荒筋。明治時代に国定教科書に採用され一般化。古典では「宇治拾遺物語」にみえる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

舌切り雀
したきりすずめ

昔話。異郷を訪れて財宝を得ることを主題にした致富譚(たん)の一つ。外枠は「隣の爺(じじ)」型となり、「動物報恩譚」の要素もある。婆(ばば)が洗濯物につけるつもりでつくっておいた糊(のり)を、爺が飼っている雀がなめてしまう。婆は怒って雀の舌を切って逃がしてしまう。爺は雀の家を捜して訪ねて行く。雀の家では爺を歓待し、土産(みやげ)に小さいつづらをもらって帰る。中には宝物が入っている。婆もまねをして雀の家に行き、大きなつづらをもらってくる。中には化け物が入っている。赤本の『したきれ雀』など江戸中期以後の文献にも多くみえ、江戸時代の五大昔話の一つに数えられ、明治以後も絵本や読み物で広く親しまれている。
 古くは鎌倉初期の『宇治拾遺(うじしゅうい)物語』に、やや変化した「腰折れ雀」の話がある。昔話としても関東地方以西に分布している。腰を折った雀を婆が助ける。傷が治って飛び去った雀が、のちにひょうたんの種を一粒もってくる。種を播(ま)くと実がなる。その中から米が無尽蔵に出る。悪い婆がまねをすると、実の中から蛇が出て、婆は殺される。「腰折れ雀」の類話は、朝鮮でも「ホンブとノルブ」の話としてよく知られており、中国大陸にも広く分布している。明らかに「舌切り雀」と「腰折れ雀」とは同源である。人間が訪ねて行くか、鳥が訪ねてくるかの違いである。トルコの「猫の家」はかえって「舌切り雀」に近い。親切な女は猫の家を訪れて贈り物をもらい、悪い女は死ぬことになっており、悪い女が蛇やサソリの入った袋をもらって帰るという型もある。「猫の家」の類話はカフカスやハンガリーにもある。[小島瓔

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

舌切り雀の関連キーワード日本五大昔話日本五大昔噺見るなの座敷行ったきり雀着た切り雀動物報恩譚国定教科書鼠の浄土明治時代分福茶釜興夫伝化け物絵本地口老爺赤本老婆

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android