直航(読み)ちょっこう

精選版 日本国語大辞典「直航」の解説

ちょっ‐こう チョクカウ【直航】

〘名〙 途中寄港しないで、直接目的地まで航行すること。
将来之日本(1886)〈徳富蘇峰〉一一「彼の四百余年前コロンブスの脳中に浮み出たる大西洋を直航してシハングリー(日本)に達せんとの夢も」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「直航」の解説

ちょっ‐こう〔チヨクカウ〕【直航】

[名](スル)または飛行機が、途中でどこへも寄らず、直接目的地に航行すること。
布哇ハワイに寄らずに桑港サンフランシスコに―と斯う決定して」〈福沢福翁自伝
[類語]運航通航航行航海航空舟航進航周航就航巡航回航

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android