法言(読み)ほうげん(英語表記)Fa-yan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

法言
ほうげん
Fa-yan

中国,前漢末の学者,文人揚雄の著書。 13巻。自己の思想あるいは人々との問答などを 13編に編纂整理し,それぞれの編に要旨を序したもの。五経を尊び,道徳で国を治めることを説いている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ほうげん【法言】

のっとるべき言葉。
「揚子ようし法言」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ほう‐げん ハフ‥【法言】

[1] 〘名〙 範として従うべきことば手本となる正しいことば。法語
西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一一「法言に曰く『労苦は百事に勝つ』」 〔孝経
[2] 中国の儒学書。一三巻。前漢の揚雄撰。「論語」の体裁を模して聖人を尊び王道を論じたもの。道家のことばで儒教を説き、孟子荀子の調和を試み性善悪混淆説を唱える。揚子法言とも。宋の司馬光による注釈書「法言集注」一〇巻が著名。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android