コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法言 ほうげんFa-yan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

法言
ほうげん
Fa-yan

中国,前漢末の学者,文人揚雄の著書。 13巻。自己の思想あるいは人々との問答などを 13編に編纂整理し,それぞれの編に要旨を序したもの。五経を尊び,道徳で国を治めることを説いている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ほう‐げん〔ハフ‐〕【法言】

手本となる言葉。従うべき言葉。
揚子(ようし)法言」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほうげん【法言】

のっとるべき言葉。
「揚子ようし法言」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

法言の関連キーワード始め有るものは必ず終わり有り始め有る者は必ず終わりあり百川海に学んで海に至る生ある者は必ず死あり中野小左衛門(初代)揚雄・楊雄彫虫篆刻百川学海東宮切韻羊質虎皮揚子法言顔之推音韻学渾天説心画辞典反切擬経手本揚子

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android