コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

船岡城 ふなおかじょう

1件 の用語解説(船岡城の意味・用語解説を検索)

日本の城がわかる事典の解説

ふなおかじょう【船岡城】

宮城県柴田郡柴田町の船岡館山(四保(しのほ)山)にあった鎌倉時代から江戸時代にかけての山城(やまじろ)で、江戸時代には仙台藩21要害の一つとされた。歌舞伎『伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)』、『伊達競阿国戯場(だてくらべおくにかぶき)』、山本周五郎の小説『樅の木は残った』の主人公として登場する原田甲斐(かい)宗輔(むねすけ)の居城である。1200年ごろ、この地には芝田次郎の居城があったとされるが、天文年間(1532~54)に四保定朝が築城したとされる。16世紀初めには、伊達家家臣の柴田定朝の居城となり、その後、城主は屋代景頼(かげより)、伊達家家老の原田宗資(むねすけ)と変わったが、1671年(寛文11)の伊達騒動(寛文事件)で原田家が断絶したため、再び柴田氏5000石の居城となって明治維新を迎えた。ちなみに、原田甲斐宗輔は、宗資の息子である。この城は1868年(明治1)からは明治政府から国替えを命じられた南部家白石藩に属したが、翌69年に建物が焼失し廃城となった。城跡は現在、船岡城址公園として整備され、かつて本丸のあった山頂にはスロープカーを使って登ることができる。城下を流れる白石川堤防沿いの桜並木が有名だが、山上からの眺めは「一目千本桜」と形容されている。また、三の丸近くには山本周五郎の小説の表題にもなった「樅の木」があり、二の丸には宗輔(原田甲斐)の供養塔が建てられている。船岡館山登山口へは、JR東北本線船岡駅から徒歩約10分。◇船岡要害、柴田(芝田)城、四保(しのほ)城、四保館とも呼ばれる

出典|講談社
日本の城がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

船岡城の関連情報