コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

船所 ふなしょ

世界大百科事典 第2版の解説

ふなしょ【船所】

平安後期から鎌倉時代にかけての国衙在庁機構〈(ところ)〉の一つ。〈ふなどころ〉ともいう。船舶の調査・登録・徴用水主(かこ)の差発を行い,官物や封物の運上,宇佐使・伊勢使などの勅使や官使の逓送,院の御幸などにあたった。戦時には軍船の徴用も行う。具体例は乏しく,1185年(文治1)周防在庁〈船所五郎正利〉が当国船奉行として源義経の壇ノ浦攻略に数十艘の船を提供したこと,1203年(建仁3)紀伊〈船所書生幷梶取〉が後鳥羽院の熊野御幸渡船料と号して諸国運上物を載せた河船を切り損じたことがみえ,また安芸・隠岐に船所の存在が確認される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の船所の言及

【船所】より

…戦時には軍船の徴用も行う。具体例は乏しく,1185年(文治1)周防在庁〈船所五郎正利〉が当国船奉行として源義経の壇ノ浦攻略に数十艘の船を提供したこと,1203年(建仁3)紀伊〈船所書生幷梶取〉が後鳥羽院の熊野御幸渡船料と号して諸国運上物を載せた河船を切り損じたことがみえ,また安芸・隠岐に船所の存在が確認される。なお周防国衙跡に船所の字名が残る。…

※「船所」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

船所の関連キーワード石川島播磨重工業[株]ハンター エドワード大板山たたら製鉄遺跡長崎県長崎市飽の浦町グダニスク造船所川崎重工業[株]サノヤス・ライド大阪砲兵工廠争議熊谷直孝(2)三井造船(株)川崎 芳太郎船舶建造保険香焼[町]自由法曹団田中 泰董川崎 正蔵孕石 元照長崎造船所木村 錠吉緒明菊三郎

船所の関連情報