コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

船木甚兵衛 ふなき じんべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

船木甚兵衛 ふなき-じんべえ

1816-1899 江戸後期-明治時代の商人。
文化13年8月26日生まれ。生家は伯耆(ほうき)(鳥取県)倉吉町の木綿・稲扱千歯(いねこきせんば)問屋清谷屋。鳥取藩の国産木綿方融通所,稲扱為替方根取(ねとり)となり,倉吉絣(がすり),倉吉千歯の改良・販売につとめた。明治32年4月19日死去。84歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

船木甚兵衛の関連キーワードバイロン[各個指定]芸能部門カッテンダイケグナイストフォルカードボップマリア[1世]高山陣屋跡マリア1世シャカ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android