コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

船越義珍 ふなこしぎちん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

船越義珍
ふなこしぎちん

[生]明治1(1868).10.10. 沖縄,首里
[没]1957.4.26. 東京
日本の空手の始祖。6歳の頃より空手の形を使い,11歳のとき達人安里安恒,糸洲安恒に師事し,少林,昭霊の両流派をきわめた。 1922年上京し,体育博覧会で空手を紹介後,小石川に明正塾,本郷に松濤館のほか,目白にも道場を開設し空手の普及に努力した。 1947年日本空手協会の設立とともに最高師範となる。主著『琉球拳法・唐手』『空手道教範』など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

船越義珍 ふなこし-ぎちん

1868-1957 明治-昭和時代の武道家。
尚泰王21年11月10日生まれ。首里手(唐手)を安里安恒(あさと-あんこう),糸洲(いとす)安恒にまなぶ。小学校準訓導を30年余つとめ,沖縄尚武会会長,沖縄師範武道教師となる。大正11年より東京に定住して唐手の普及に尽力。早大,慶大の師範もつとめた。昭和初期,唐手から空手に表記をかえ,昭和14年自派を松濤館(しょうとうかん)流と名づけた。昭和32年4月26日死去。88歳。琉球出身。号は松濤。姓は富名腰とも。著作に「空手道教範」。
【格言など】空手に先手なし(「唐手二十箇条」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の船越義珍の言及

【空手】より

…しかし,鍛練,伝授法などは武芸のもつ閉鎖的な特性から,あまり公にすることなく秘密裏に行われ,空手の名称も〈手(て)〉〈唐手(とうで)〉〈唐手(からて)〉,地域的には〈首里手(しゆりて)〉〈那覇手(なはて)〉〈泊手(とまりて)〉と呼ばれていた。 1922年文部省主催の体育展覧会で,船越義珍(1868‐1957。松濤館流始祖)が演武紹介して日本本土に伝え,東京を中心とした各大学に広めた。…

※「船越義珍」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

船越義珍の関連キーワード戊辰戦争早竹虎吉(初代)明治東京(都)ブートレロフガントレットクローデル児玉幸助ジェニングニコライ(2世)

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android