良きサマリア人の譬(読み)よきサマリアびとのたとえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

良きサマリア人の譬
よきサマリアびとのたとえ

ルカによる福音書』 10章 30~37に記されているイエス。永遠の生命を受けるために必要な隣人愛に関して,その定義を求めた律法学者に対し,イエスがその答えとして語ったもの。内容は,強盗に襲われて半死半生のめにあった旅人を,その同胞である祭司やレビ人が見捨てていったのに対し,外国人であるサマリア人が手厚く助けたというもの。隣人とはあらかじめ範囲を定められる律法的概念ではなく,あらゆる差別を乗越えた愛によってつくりだされる関係であるという,隣人愛の真の意味を明らかにしている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android