コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

良きサマリア人の譬 よきサマリアびとのたとえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

良きサマリア人の譬
よきサマリアびとのたとえ

『ルカによる福音書』 10章 30~37に記されているイエスの譬。永遠の生命を受けるために必要な隣人愛に関して,その定義を求めた律法学者に対し,イエスがその答えとして語ったもの。内容は,強盗に襲われて半死半生のめにあった旅人を,その同胞である祭司やレビ人が見捨てていったのに対し,外国人であるサマリア人が手厚く助けたというもの。隣人とはあらかじめ範囲を定められる律法的概念ではなく,あらゆる差別を乗越えた愛によってつくりだされる関係であるという,隣人愛の真の意味を明らかにしている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android