コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

良忠(1) りょうちゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

良忠(1) りょうちゅう

1199-1287 鎌倉時代の僧。
正治(しょうじ)元年7月27日生まれ。浄土宗。良遍,道元らにまなぶ。嘉禎(かてい)2年筑後(ちくご)(福岡県)の弁長に師事し,その後継者となる。常陸(ひたち),上総(かずさ),下総(しもうさ)で教化活動ののち正元(しょうげん)元年ごろ鎌倉にはいり,北条朝直の帰依(きえ)をうけて悟真寺(現光明寺)をひらいた。弘安(こうあん)10年7月6日死去。89歳。石見(いわみ)(島根県)出身。字(あざな)は然阿(ねんあ)。諡号(しごう)は記主禅師。著作に「選択伝弘決疑鈔(せんちゃくでんぐけつぎしょう)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

良忠(1)の関連キーワード正治伏見天皇ペグー朝ワレル元の時代(年表)良忠然阿良忠良忠良忠良忠

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android