良忠(1)(読み)りょうちゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

良忠(1) りょうちゅう

1199-1287 鎌倉時代の僧。
正治(しょうじ)元年7月27日生まれ。浄土宗良遍,道元らにまなぶ。嘉禎(かてい)2年筑後(ちくご)(福岡県)の弁長に師事し,その後継者となる。常陸(ひたち),上総(かずさ),下総(しもうさ)で教化活動ののち正元(しょうげん)元年ごろ鎌倉にはいり,北条朝直の帰依(きえ)をうけて悟真寺(現光明寺)をひらいた。弘安(こうあん)10年7月6日死去。89歳。石見(いわみ)(島根県)出身。字(あざな)は然阿(ねんあ)。諡号(しごう)は記主禅師。著作に「選択伝弘決疑鈔(せんちゃくでんぐけつぎしょう)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android