艱難辛苦(読み)カンナンシンク

  • ×艱難辛苦

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 つらい目や困難な目にあって苦しみ悩むこと。たいへんな苦労。
※人情本・春色梅児誉美(1832‐33)初「お長が艱難辛苦(カンナンシンク)を退れさせんがため」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

四字熟語を知る辞典の解説

つらい目や困難な目にあって苦しみ悩むこと。たいへんな苦労。

[活用] ―する。

[使用例] 非常に艱難辛苦して実に岡目で見るようでない利口な者である[三代目春風亭小柳枝*落語・無学者|1898]

[使用例] のどもと通れば熱さ忘れるというその通りで、艱難辛苦も過ぎてしまえば何ともない[福沢諭吉*福翁自伝|1899]

[解説] 「艱難」は苦しみ悩むこと。また、苦労の意味。同じような意味合いの語を重ねて強調した表現。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

今日のキーワード

朝三暮四

《中国、宋の狙公(そこう)が、飼っている猿にトチの実を与えるのに、朝に三つ、暮れに四つやると言うと猿が少ないと怒ったため、朝に四つ、暮れに三つやると言うと、たいそう喜んだという「荘子」斉物論などに見え...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android