色法(読み)シキホウ

精選版 日本国語大辞典の解説

しき‐ほう【色法】

〘名〙
① (:ホフ) 仏語。広く物質的存在の総称。一般的には、一定の空間を占めて、互いに排除し合う性質と、変化しこわれる性質をもつとされる。広義の(しき)。色蘊(しきうん)。⇔心法
※正法眼蔵(1231‐53)画餠「いづれか石烏亀、いづれか鉄拄杖なる、いづれか色法、いづれか心法なると、審細に功夫参究すべきなり」
※慈雲短篇法語(1804)「五蘊の色法は空中の雲の如く、心法は水中の月の如くなる事を覚し」 〔翻訳名義集‐四〕
② (:ハフ)(「式法」をもじった語) 色事の法式、作法。
浮世草子・傾城禁短気(1711)三「白人寺の色法(シキホウ)みだれぬ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

色法の関連情報