コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

心法 しんぼう

3件 の用語解説(心法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

心法
しんぼう

仏教では,ありとあらゆる事柄を色法と心法とに分けて説明する。物質的なものを色法とするのに対して,精神的なもの,すなわち心の働きのあるものを心法という。心王,心所を心法と称する場合と,心王そのものを心法と称する場合とがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しん‐ぽう【心法】

《「しんぼう」とも》
(‐ポフ) 仏語。
㋐一切のものを心(しん)と色(しき)とに分けたときの心。心の働きの総称。心王。⇔色法
㋑心のあり方。
(‐パフ)
㋐心を修練する法。精神の修養法。
㋑もうけ。
「一代十万貫目の―なり」〈浮・立身大福帳・一〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しんぼう【心法】

〔「しんほう」とも〕
〔歴史的仮名遣い「しんばふ」〕
心を修練する法。
宋儒の語で、心の体を存養し、心の用を省察する道。
〔歴史的仮名遣い「しんぼふ」〕 〘仏〙 心の働き。心。 ↔ 色法しきほう五位

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

心法の関連情報