心法(読み)しんぼう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

心法
しんぼう

仏教では,ありとあらゆる事柄を色法と心法とに分けて説明する。物質的なものを色法とするのに対して,精神的なもの,すなわち心の働きのあるものを心法という。心王,心所を心法と称する場合と,心王そのものを心法と称する場合とがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しん‐ぽう【心法】

《「しんぼう」とも》
(‐ポフ) 仏語。
㋐一切のものを心(しん)と色(しき)とに分けたときの心。心の働きの総称。心王。⇔色法
㋑心のあり方。
(‐パフ)
㋐心を修練する法。精神の修養法。
㋑もうけ。
「一代十万貫目の―なり」〈浮・立身大福帳・一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しんぼう【心法】

〔「しんほう」とも〕
〔歴史的仮名遣い「しんばふ」〕
心を修練する法。
宋儒の語で、心の体を存養し、心の用を省察する道。
〔歴史的仮名遣い「しんぼふ」〕 〘仏〙 心の働き。心。 ⇔ 色法しきほう五位

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しん‐ぼう【心法】

〘名〙 (「しんぽう」とも)
[一] (:ボフ) 仏語。
① 一切諸法を五つに分けたその一つ。また、心と色とに分けたうちの、心のはたらきの総称。心、意、識などともいう。⇔色法
※正法眼蔵(1231‐53)三十七品菩提分法「すべて心法のゆきかた様子をしらざるなり」 〔法華玄義‐二上〕
② 真如、心性などといわれる一心のこと。この一心が固定した形がなく宇宙に遍満していることを心法無形(しんぼうむぎょう)という。
[二] (:バフ)
① 心を修める法。精神修養の方法。特に、宋代の儒学で、心の体を存養し、心の用を省察する方法をいう。
※慶長見聞集(1614)一〇「よく閑におさめて、枯木のごとくひへたる灰のごとくせよと云。荘子か心法なり」 〔白居易‐夢裴相公詩〕
② 困難・苦痛をたえしのぶこと。堪忍。忍耐。
※浄瑠璃・仏御前扇車(1722)三「夫に本望遂させ、弓矢の名を揚げん為、是に増る憂目をも、凌ぐは女の心法(シンハフ)
③ (━する) つとめはげむこと。
浮世草子・立身大福帳(1703)四「七年忌までの心法したる者どもを」
④ もうけ。利益。
※浮世草子・立身大福帳(1703)一「あしもとにありとは、鬼神ふしぎの発明、一代十万貫目の心法なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

心法の関連情報