コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

色覚説 しきかくせつcolour theory

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

色覚説
しきかくせつ
colour theory

色覚ないしは彩視に関するさまざまな現象を,若干の仮定に基づいて統一的に説明しようとする学説。網膜において起こる現象であると考えられるようになって以来,今日までにいくつかの色覚説が提示されているが,その代表的なものとして,トマス・ヤングが唱え,ヘルマン・フォン・ヘルムホルツが発展させた三色説と,ヘリングの色覚説(→反対色)とをあげることができる。このほか,E.アダムズ,E.シュレーディンガー,G.E.ミュラーなどによって提出された段階説や,H.ハートリッジの多色説などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

色覚説の関連キーワードヤング‐ヘルムホルツの理論ヘーリングヘリング同化

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android