コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

色覚説 しきかくせつcolour theory

1件 の用語解説(色覚説の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

色覚説
しきかくせつ
colour theory

色覚ないしは色彩視に関するさまざまな現象を,若干の仮定に基づいて統一的に説明しようとする学説。網膜において起こる現象であると考えられるようになって以来,今日までにいくつかの色覚説が提示されているが,その代表的なものとして,トマス・ヤングが唱え,ヘルマン・フォン・ヘルムホルツが発展させた三色説と,ヘリングの色覚説(→反対色)とをあげることができる。このほか,E.アダムズ,E.シュレーディンガー,G.E.ミュラーなどによって提出された段階説や,H.ハートリッジの多色説などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone