コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芝の屋山陽 しばのや さんよう

美術人名辞典の解説

芝の屋山陽

初号大井千尋。後山陽堂。狂歌万象亭に、狂詩寝惚先生に学び四方側判者に列し宗宗号を授かりしと自称す。天保7年(1836)歿

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

芝の屋山陽 しばのや-さんよう

?-1836ごろ 江戸時代中期-後期の狂歌師。
大田南畝(なんぽ)に狂詩を,万象亭(まんぞうてい)(桂川甫粲(ほさん))に狂歌をまなぶ。一時,朱楽菅江(あけら-かんこう),唐衣橘洲(からころも-きっしゅう)の社中にはいり,寛政8年(1796)四方側(よもがわ)の判者となった。天保(てんぽう)7年ごろ死去。姓は小島,のち能勢。名は嘉門。通称は内記別号に山陽堂,奇応観。編著に「狂歌立雲集」「狂歌年代記」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

芝の屋山陽の関連キーワード山陽堂山陽大田南畝狂歌師

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android