コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芝の屋山陽 しばのや さんよう

2件 の用語解説(芝の屋山陽の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

芝の屋山陽

初号大井千尋。後山陽堂。狂歌を万象亭に、狂詩を寝惚先生に学び四方側判者に列し宗宗号を授かりしと自称す。天保7年(1836)歿。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

芝の屋山陽 しばのや-さんよう

?-1836ごろ 江戸時代中期-後期の狂歌師。
大田南畝(なんぽ)に狂詩を,万象亭(まんぞうてい)(桂川甫粲(ほさん))に狂歌をまなぶ。一時,朱楽菅江(あけら-かんこう),唐衣橘洲(からころも-きっしゅう)の社中にはいり,寛政8年(1796)四方側(よもがわ)の判者となった。天保(てんぽう)7年ごろ死去。姓は小島,のち能勢。名は嘉門。通称は内記。別号に山陽堂,奇応観。編著に「狂歌立雲集」「狂歌年代記」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

芝の屋山陽の関連キーワード無銭法師大根太木東随舎花江戸住臍穴主紫由加里柳原向やはり棟梁山中多都岐帒一

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone