コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芝多民部 しばた みんぶ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

芝多民部 しばた-みんぶ

1822-1866 幕末の武士。
文政5年生まれ。陸奥(むつ)仙台藩士。安政2年(1855)藩主伊達慶邦(よしくに)のもとで奉行(家老)となる。物産の専売制の強化,軍艦建造などをすすめたが,藩札の乱発などで物価騰貴をまねき,5年に罷免された。のち青年藩士による再任要求運動が政争化し,謹慎中に絶食して慶応2年2月25日死去。45歳。名は常則(つねのり)。通称ははじめ周防。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

芝多民部の関連キーワード蟹江太郎介

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android