コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芝浜革財布 しばはまのかわざいふ

1件 の用語解説(芝浜革財布の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しばはまのかわざいふ【芝浜革財布】

戯曲。3幕。原作は落語の《芝浜》。最初の劇化は1903年2月東京市村座で,新派の伊井蓉峰河合武雄が口立てで《稼げばたまる》と題して上演した。ついで22年2月市村座で,2世竹柴金作の脚色を6世尾上菊五郎が上演。このとき《芝浜革財布》と題した。配役は,魚屋政五郎を6世菊五郎,女房お辰を沢村宗之助ほか。菊五郎の細緻な近代的演出とリアリズムで新しい生世話狂言となった。こののち,前進座の瀬川菊之丞河原崎国太郎コンビによるものも多く行われ,大衆的で娯楽性の豊かな二番目狂言として定着している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

芝浜革財布の関連キーワードわが町上方落語の隆盛桂文枝巻頭元年原作小話人情話桂三木助(3代)最初の拒絶理由通知

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

芝浜革財布の関連情報