コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川村花菱 かわむら かりょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川村花菱 かわむら-かりょう

1884-1954 大正-昭和時代の劇作家,演出家。
明治17年2月21日生まれ。東京俳優養成所の教師となり,明治45年有楽座の土曜劇場,ついで新日本劇をおこす。また芸術座の脚本部員兼興行主事として活躍。のち新派の脚本・演出を担当,俳優の育成につとめた。昭和29年9月1日死去。70歳。東京出身。早大卒。本名は久輔。作品に「母三人」「露のあとさき」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

川村花菱
かわむらかりょう
(1884―1954)

劇作家。東京・牛込の生まれ。本名久輔。1910年(明治43)早稲田(わせだ)大学英文科卒業。東京俳優学校の教師を経て、13年有楽座の土曜劇場、ついで新日本劇団をおこし、また芸術座脚本部員兼興行主事など実際面に活躍した。のちもっぱら新派の脚本・演出を担当、若い俳優を育成して昭和期の新派を支えた。舞台構成と観客心理、写実的な台詞(せりふ)を重視し、作品は約320編。代表作に『母三人』『露のあとさき』『遙(はる)かなる弟』『三日の客』など。[菊池 明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の川村花菱の言及

【芝浜革財布】より

…こののち,前進座の瀬川菊之丞,河原崎国太郎のコンビによるものも多く行われ,大衆的で娯楽性の豊かな二番目狂言として定着している。また,歌舞伎とは別に,新派の系統で,42年7月に川村花菱の脚本により,魚屋金太郎を小堀誠,女房おとわを喜多村緑郎のコンビで上演されている。【落合 清彦】。…

※「川村花菱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

川村花菱の関連キーワード木下 八百子山村 耕花川村 花菱柳永二郎昭和時代女の街劇作家演出家菊池

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android