コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芝甘交 しば かんこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

芝甘交 しば-かんこう

?-1804 江戸時代中期-後期の戯作(げさく)者。
江戸の人。初代芝全交の門人。天明6年(1786)自作の絵に四方赤良(よもの-あから)(大田南畝),山東京伝ら当時の著名な狂歌師,戯作者の賛をくわえた洒落(しゃれ)本「人遠茶懸物(ひとをちゃがけもの)」を刊行。ほかに黄表紙「道笑双六(すごろく)」「現金青本之通(げんきんあおぼんのかよい)」など。狂歌もよくした。文化元年2月19日死去。姓は大伴。通称は寛十郎。別号に一払斎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

芝甘交の関連キーワードベートーベン文化岩井半四郎歌川豊国ギャンジャブレイク(William Blake)奈破崙ブレークケプロンハリス

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android