コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芥川元風 あくたがわ もとかぜ

1件 の用語解説(芥川元風の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

芥川元風 あくたがわ-もとかぜ

1676-1741 江戸時代前期-中期の歌人,園芸家。
延宝4年生まれ。中院通茂(なかのいん-みちしげ)の門人。摂津芥川(大阪府)にすんだが,のち幕府につかえ,正徳(しょうとく)元年江戸小石川薬園預となる。以後代々その役をついだ。寛保(かんぽう)元年死去。66歳。別名に小野寺。通称は頼母。号は長春,寸艸(すんそう)。名は「もとつぐ」ともよむ。著作に「飛鳥山十二景和歌」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

芥川元風の関連キーワード常行小野弥助志村常仙鷹司輔信竜田大立太兵衛寺沢友斎伏原宣通細川有孝湯浅瑠璃

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone