芥隠承琥(読み)かいいん しょうこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

芥隠承琥 かいいん-しょうこ

?-1495 室町-戦国時代の僧。
京都の臨済宗(りんざいしゅう)南禅寺で修行し,宝徳2年(1450)琉球にわたる。尚泰久,尚徳,尚円,尚真の各王につかえ,帰依と保護をうけて禅宗布教につとめ,円覚寺などを創建した。明応4年5月16日死去。京都出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の芥隠承琥の言及

【円覚寺】より

…1492年に尚真王が父尚円追福のため首里城北側に起工し,94年に完成。開山は南禅寺46世椿庭海寿の法孫,芥隠承琥。95年に仏殿の右側に照堂を建て正統の神主(位牌)を奉安したが,1728年には仏殿を宗廟とした。…

※「芥隠承琥」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android