コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新撰菟玖波集 しんせんつくばしゅう

6件 の用語解説(新撰菟玖波集の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新撰菟玖波集
しんせんつくばしゅう

室町時代の連歌集。宗祇を中心に,兼載,肖柏,宗長らが参加した撰集。 20巻。明応4 (1495) 年成立。一条冬良 (ふゆら) の仮名序がある。永享以後約 60年間の 2000句余を集め,作者は,心敬,宗砌 (そうぜい) ,専順,大内政弘,智蘊 (ちうん) ,宗祇,兼載,宗伊,能阿,行助,三条西実隆,肖柏ら 250名余に及ぶ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しんせんつくばしゅう〔シンセンつくばシフ〕【新撰菟玖波集】

室町後期の準勅撰連歌集。20巻。宗祇(そうぎ)らの撰。明応4年(1495)成立。永享(1429~1441)以降の約60年間の作品約2050句を収録。代表歌人は心敬宗砌(そうぜい)専順など。新菟玖波集

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

新撰菟玖波集【しんせんつくばしゅう】

室町時代の連歌撰集。20巻。一条冬良(ふゆら)〔1464-1514〕,宗祇猪苗代兼載〔1452-1510〕ら編。1495年成立。《菟玖波集》に次ぐ連歌の準勅撰集。
→関連項目荒木田守武肖柏

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しんせんつくばしゅう【新撰菟玖波集】

室町時代の連歌集。一条冬良(ふゆら),宗祇ほか編。1495年(明応4)成立。20巻。《菟玖波集》(1357成立)以後の連歌の発句および付句を対象に編まれた撰集で,《新筑波》ともいう。1494年連歌に関心の深かった九州の守護大内政弘の発案・後援により,翌年正月から連歌師の宗祇,兼載のもとで選句が開始され,公家方,武家方から一条冬良,三条西実隆,二階堂行二の参加協力があり,同年6月に完成,冬良が校閲して9月に奏覧し,准勅撰集となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しんせんつくばしゅう【新撰菟玖波集】

連歌撰集。二〇巻。大内政弘の発意により、一条冬良・宗祇が撰進。1495年成立。準勅撰集。「菟玖波集」のあとを受けて、永享(1429~1441)以後明応(1492~1501)までの約60年間の作品二〇五三句(発句二五一句・付句一八〇二句)を収める。作者二五五人。典雅で幽玄な傾向が強い。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新撰菟玖波集
しんせんつくばしゅう

室町後期の連歌(れんが)選集。20巻。1495年(明応4)成立。周防(すおう)山口の大内政弘(まさひろ)の発起により、一条冬良(ふゆら)、三条西実隆(さねたか)、宗祇(そうぎ)、兼載らの共同編集。勅撰和歌集の部立(ぶだて)を踏襲しているのは先行の『菟玖波集』(1356成立)と同様だが、俳諧(はいかい)の部はない。付句(つけく)(前句を伴う)をその部立に従って配列し、発句(ほっく)は別にまとめ最終2巻をあてる。1429年以降約60年の間の作品を2052句収める。おもな作者は、心敬(しんけい)、宗砌(そうぜい)、後土御門(ごつちみかど)天皇、宗祇など。武士の作者も多い。連歌がもっとも洗練された時期の選集として評価される。[奥田 勲]
『金子金治郎著『新撰菟玖波集の研究』(1969・風間書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新撰菟玖波集の関連キーワード一条冬良一条兼冬紹九連歌新式一条房通一条冬経恵俊三条冬子忍誓《室町時代小歌集》

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone