コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シン

大辞林 第三版の解説

しん【芯】

〔物の中央・中心の意〕
花の中心にある器官。雄しべや雌しべ。
〔原義は、灯心草とうしんぐさつまり藺のこと。その皮をはいだ心を用いたことから〕 ランプ・ろうそくなどの中央にある火をつける糸。
草や木の、いちばん伸びる部分。 「 -を摘む」 「 -を止める」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

芯の関連キーワードセーラーネオボードマーカーPENCO リードホルダーフリシャ オートマチックハイポリマー アインモナリス 細芯なしハイポリマー100乾瓢巻き/干瓢巻きペンギンコアレスシャープペンシルMONOハイポリマー芯ドラフィックス巻き芯・巻芯芯々(芯芯)石油ストーブミュージアム糸心・糸芯ブラッキーシュタインプリズミー

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

芯の関連情報