コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花咲蟹 ハナサキガニ

大辞林 第三版の解説

はなさきがに【花咲蟹】

海産のヤドカリの一種。タラバガニの近縁。甲長・甲幅とも約15センチメートルで、暗赤紫色。食用。北海道以北に分布し、根室半島(花咲半島)近海に多い。 [季] 冬。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

花咲蟹[水産]
はなさきがに

北海道地方、北海道の地域ブランド。
主に根室市で水揚げされている。根室を中心とした北海道東部で獲れるタラバガニ科の蟹として有名。漁は7月〜9月頃までおこなわれ、秋が旬。ゆでたての色は赤く、花が咲くようだからというのが名前の由来の一つとされる。通称「ふんどし」と呼ばれる腹部の肉が一番美味であるという。他にも、カニの卵の中子や、外に出ている卵の外子は高級珍味。9月上旬には根室港で、かに祭りが開催される。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android