コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花巻温泉 はなまきおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

花巻温泉
はなまきおんせん

岩手県中西部,花巻市北上盆地の西縁にある温泉。花巻温泉郷の中心をなす観光温泉地。泉質単純泉泉温は 73℃。旅館街と商店街が区分けされ,別荘や運動場,植物園,スキー場なども整備されている。宮沢賢治の設計による日時計花壇や斜面花壇がある。サクラの季節には花見客でにぎわい,郷土色豊かな鬼剣舞鹿踊り,田植踊りなどが行われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

はなまき‐おんせん〔‐ヲンセン〕【花巻温泉】

岩手県花巻市にある温泉。北上川支流の台(だい)川上流にあり、付近の温泉とともに花巻温泉郷をなす。泉質は単純温泉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

花巻温泉の関連キーワード花巻温泉郷県立自然公園岩手県花巻市湯本志戸平[温泉]岩手県花巻市三鬼 鑑太郎川村 松助志戸平温泉鉛[温泉]台[温泉]大沢温泉豊沢湖鉛温泉台温泉

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

花巻温泉の関連情報