コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北上盆地 きたかみぼんち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北上盆地
きたかみぼんち

奥羽山脈と北上高地の間を南流する北上川流域で,北は西岳山麓より南は一関市狐禅寺峡谷にいたる約 180kmの細長い縦谷盆地。第四紀洪積層と河川沿いの沖積層から成り,盛岡以南の沖積低地の西側は,一段と高い河岸段丘や扇状地が発達。胆沢扇状地六原扇状地は有名で,古くはこの扇状地や台地の末端に胆沢城や志波城が築かれ,東北開拓の拠点となった。江戸時代の北上川は主として舟運に利用された。奥州街道もこの北上盆地を南北に通り,一関水沢江刺,北上,花巻,盛岡などの都市群はいずれも街道筋の宿場町や河港集落を母体として発展した。第2次世界大戦後,北上川水系総合開発として治水,灌漑,発電を兼ねた石淵ダム (胆沢川) ,田瀬ダム (猿ケ石川) ,湯田ダム (和賀川) ,四十四田ダム (北上川本流) ,御所ダム (雫石川) などの多目的ダムが構築され,その後も治山治水,発電,灌漑のための数多くの多目的ダムが建設された。川と平野を中心とした総合的な開発によって,岩手県の産業,経済,文化は大きく変化してきている。東北新幹線,JR東北本線,東北自動車道,国道4号線が縦貫。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

きたかみ‐ぼんち【北上盆地】

岩手県、北上川上・中流域の南北に細長い盆地。穀倉地帯

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

北上盆地【きたかみぼんち】

岩手県中部,北上川流域の南北約180kmの細長い盆地。東は北上高地,西は段丘や扇状地をなして奥羽山脈に続く。米作を主として県の穀倉地帯を形成。盛岡花巻一関などの主要都市は盆地を縦貫する東北本線,東北自動車道で結ばれる。
→関連項目岩手[県]江刺[市]北上[市]平泉

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きたかみぼんち【北上盆地】

奥羽山脈と北上高地の間を南流する北上川流域にあり,北は西岳山麓より南は一関市狐禅寺峡谷にいたる約180kmの細長い縦谷盆地である。第四紀洪積層と河川沿いの沖積層からなり,岩手県内の平野部はほとんどこの盆地に集まっている。盛岡市以南の沖積低地の西側は,一段と高い河岸段丘や扇状地が発達し,奥羽山脈の断層崖に続いている。中でも胆沢(いさわ)扇状地や六原扇状地は有名で,9世紀初めにはこの扇状地や台地の末端に胆沢城志波(しわ)城が築かれ,沖積地とともに早くから東北開発の拠点となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

きたかみぼんち【北上盆地】

岩手県、北上川の中流域の盆地。穀倉地帯。盛岡・花巻・一関などの市がある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔岩手県〕北上盆地(きたかみぼんち)


岩手県の内陸部、奥羽(おうう)山脈と北上高地に挟まれた盆地。北上川が北から南に流れ、その上・中流域の縦谷(じゅうこく)を占め、東西の幅約10~20kmで、南北は約180kmに達する。西側の奥羽山脈沿いに複合扇状地と河岸段丘が発達。東側は北上高地の残丘群に限られる。JR東北本線・JR東北新幹線・東北自動車道・国道4号などの交通幹線が縦貫し、東北地方屈指の穀倉地帯でもある。盛岡(もりおか)市・花巻(はなまき)市・北上(きたかみ)市・奥州(おうしゅう)市・一関(いちのせき)市などの主要都市が並ぶ。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北上盆地
きたかみぼんち

岩手県西部、奥羽山脈と北上高地の間にある縦谷盆地。両山地間を南流する北上川本流地域で、北は一戸(いちのへ)町の西岳山麓(さんろく)から南は一関(いちのせき)市狐禅寺(こぜんじ)峡谷まで、約180キロメートルに及ぶ。岩手県の平野部はほとんどここに集まっており、平安時代にはこの沖積低地の西側に一段と高い扇状地や台地の末端に胆沢(いさわ)城、志波(しわ)城が築かれ、東北開拓の拠点となった。江戸時代には北上川の舟運があり、また奥州街道が南北に走り、現在の盛岡、花巻、北上、水沢、江刺(えさし)、一関などの都市は、当時の宿場町や河港集落を母体として発展したものである。JR東北本線、東北新幹線、国道4号、東北自動車道が縦走し、産業、文化の大動脈となっている。[川本忠平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の北上盆地の言及

【岩手[県]】より

…さらに東北自動車道が86年青森市まで全通,97年秋田自動車道も全通して,〈中央に遠い北国〉という古くからの課題が,ようやく克服されてきた。
[ダムと米と畜産]
 岩手県は,北上川縦谷盆地(北上盆地)とそれをはさむ奥羽山脈北上高地の3条の巨大な地形によって特色づけられ,東縁は三陸海岸線となっている。南流する北上川は一関市の南,狐禅寺付近で北上高地を横切るとき,宮城県域も含めて約25kmに及ぶ峡谷を形成している。…

※「北上盆地」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

北上盆地の関連キーワード岩手県西磐井郡平泉町岩手県紫波郡紫波町岩手県紫波郡矢巾町岩手県北上市岩手県奥州市岩手県盛岡市前沢〈町〉平泉[町]江刺[市]和賀〈町〉一関[市]花巻[市]座敷わらし盛岡[市]北上[市]水沢[市]毛越寺境内角塚古墳花巻温泉東北地方

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android