花巻(読み)はなまき

精選版 日本国語大辞典「花巻」の解説

はな‐まき【花巻】

人情本春告鳥(1836‐37)二「蕎麦の声、〈略〉『はな巻てんぷらあられでござゐ。そばイ、そばイ』」
[2] 岩手県中西部の地名北上川支流、瀬川・豊沢川の扇状地発達。江戸時代は奥州街道宿駅、南部氏二万石の城下町として発展。精密機械・食品などの工場がある。北西部の花巻温泉郷が有名。昭和二九年(一九五四市制

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「花巻」の解説

はなまき【花巻】

岩手県中部の市。もと南部氏の城下町。奥州街道宿場町北上川舟運の河港として発達。稲作・花卉かき栽培などの農業基盤鹿踊ししおどの行われる花巻温泉郷があり、宮沢賢治生家高村光太郎山荘が残る。平成18年(2006)1月、大迫町・石鳥谷いしどりや町・東和町と合併。人口10.1万(2010)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

野選

《「野手選択」の略》野球で、打球を捕った野手が一塁で打者をアウトにできるのに、先行走者をアウトにしようと他の塁へ送球し、間に合わずに全走者を生かすこと。フィールダースチョイス。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android