コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花笠音頭 ハナガサオンド

デジタル大辞泉の解説

はながさ‐おんど【花笠音頭】

山形県の民謡。昭和13年(1938)ごろ、有海桃洀(とうしゅう)が櫓地搗(やぐらじつ)き歌に手を加えて作ったもの。8月5~7日の山形市の花笠祭で歌い踊られる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はながさおんど【花笠音頭】

山形県の民謡。8月6~8日、山形市の花笠祭で唄い踊られる。源流は蔵王ふもとの地固め唄。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

花笠音頭
はながさおんど

山形県山形市の民謡。同地方で酒盛り唄(うた)として歌われてきたもので、その源流は同地方の『櫓胴搗(やぐらどうづ)き唄』である。1935年(昭和10)ごろ山形市南館の有海桃(とうしゅう)が、弟子の伊藤桃華(山形市成沢)の持ち込んできた『櫓胴搗き唄』を元に、下の句の節を整え、門人の堀江友治が伴奏を、同じく弟子の三沢新次郎が踊りの振をつけた。1950年(昭和25)に山形市役所主催の民謡大会において、有海側はじみな芸風の桜井米次郎が歌ったのに対し、東根市の斎藤桃青(とうせい)側ははでな結城(ゆうき)誠一で競ったところ、後者が優勝。以後、結城の今日の節回しの唄が広まり始め、そして毎年8月5日から3日間の花笠まつりが「東北四大祭り」の一つとなってから、日本中に広まった。[竹内 勉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の花笠音頭の言及

【尾花沢[市]】より

…明治以降は奥羽本線からはずれたが,国道13号線(羽州街道)が通る北村山地方の商業中心地となっている。長根山丘陵の東麓にある徳良湖(灌漑用人工湖)付近は《花笠音頭》の発祥の地といわれる。主産業は水稲を主とする農業で,スイカの特産地。…

※「花笠音頭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

花笠音頭の関連キーワード山形県尾花沢市山形花笠まつり三橋 美智也山形(市)雪ごろう山形県源流踊る

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

花笠音頭の関連情報