コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芳村杏斎 よしむら きょうさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

芳村杏斎 よしむら-きょうさい

1836-1905 幕末-明治時代の医師。
天保(てんぽう)7年生まれ。芳村正秉(まさもち)の兄。家は代々医業。江戸や各地を遊歴し,内科,外科,産科をおさめ,長崎でポンペに西洋医学をまなび美作(みまさか)(岡山県)に帰郷。明治2年津山藩の藩医となった。明治38年6月10日死去。70歳。名は篤。字(あざな)は子業。号は酔雲。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

芳村杏斎の関連キーワード芳村 種吉芳村種吉明治時代