コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芳村正秉 よしむらまさもち

3件 の用語解説(芳村正秉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

芳村正秉
よしむらまさもち

[生]天保10(1839).9.19. 美作
[没]1913.1.21.
神習教の教祖。父は津山藩士芳村泰治。和漢の学を修め,勤王の志士と交わり,鞍馬山に難を避けたとき,霊感を受け,神道に志を立てた。明治2 (1869) 年上京して神祇官に仕えた。竜田神社宮司,教導職を経て,1881年神習教会を創始した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

芳村正秉 よしむら-まさもち

1839-1915 明治時代の宗教家。
天保(てんぽう)10年9月19日生まれ。もと美作(みまさか)(岡山県)津山藩士。京都で国学,儒学をまなび,尊攘(そんじょう)運動にくわわる。維新後,神祇(じんぎ)官,教部省をへて神宮司庁につとめた。その後3年間の山岳修行をおこない,明治13年神習(しんしゅう)講を結成,15年神習教として開教,初代管長。大正4年1月21日死去。77歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

芳村正秉

没年:大正4.1.21(1915)
生年:天保10.9.19(1839.10.25)
明治時代に組織された神習教の教祖。美作(岡山県)の武士芳村泰治の次男として生まれる。幼時に,祖母より芳村家は大中臣氏の末裔であり,いつかこれを天下に明らかにすべきことを諭される。儒学,皇学,漢学などを学ぶ。幕末には尊王攘夷派に与したため,幕府に追われ,鞍馬山に逃げる。この間に信仰を篤くし,宗教への関心を高めたとされる。維新後,神祇官,次いで教部省に勤めたが,神仏合同の布教を推し進める大教院の設立に反対し,教部省を去る。その後,神宮司庁勤務中にさまざな行を試み,神秘的体験も得る。その後3年間にわたり,富士山,御岳山,駒ケ岳,二荒山,那須岳などにおいて山岳修行を行う。明治13(1880)年に神習講を結成。同15年に,これが神習教として一派独立すると,初代管長に就任。<著作>『宇宙之精神』<参考文献>井上順孝『教派神道の形成』

(井上順孝)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

芳村正秉の関連キーワード職業別組合神習教観音講校友会新体制全労済単位農協宅地建物取引業協会村越鉄善安井如苞

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone