芳賀真咲(読み)はが まさき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

芳賀真咲 はが-まさき

1841-1906 幕末-明治時代の国学者,神職。
天保(てんぽう)12年1月1日生まれ。芳賀矢一の父。越前(えちぜん)福井藩士。橘曙覧(たちばな-あけみ)に歌を,平田銕胤(かねたね)に国学をまなぶ。宮城県の塩竈(しおがま)神社や志波彦神社の宮司(ぐうじ)をへて,明治24年内務省神社課長。のち滋賀県多賀神社,兵庫県湊川神社の宮司。明治39年5月8日死去。66歳。号は孔舎農家。著作に「語法指南」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android