コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芳賀真咲 はが まさき

美術人名辞典の解説

芳賀真咲

国学者。越前福井の人。幼名三作・真之助、号は孔舎農家。橘曙覧・平田鉄胤門下であった。塩釜志波彦神社・近江多賀神社宮司等を務めたのち湊川神社に転じた。著書に『孔舎農家詠草』等がある。明治39年(1906)歿、66才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

芳賀真咲 はが-まさき

1841-1906 幕末-明治時代の国学者,神職。
天保(てんぽう)12年1月1日生まれ。芳賀矢一の父。越前(えちぜん)福井藩士。橘曙覧(たちばな-あけみ)に歌を,平田銕胤(かねたね)に国学をまなぶ。宮城県の塩竈(しおがま)神社や志波彦神社の宮司(ぐうじ)をへて,明治24年内務省神社課長。のち滋賀県多賀神社,兵庫県湊川神社の宮司。明治39年5月8日死去。66歳。号は孔舎農家。著作に「語法指南」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

芳賀真咲の関連キーワード国学者

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android